• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チーム失策19はリーグ最多 日ハム9連敗の“真犯人”は誰だ

 泥沼という言葉すら、生ぬるい。

 25日はソフトバンクに負け、4年ぶりとなる9連敗を喫した日本ハム。三回に松本のプロ1号3ランで3点を先制するも、投手陣はリードを守れない。先発の高梨が5回持たずに3失点でKOされると、中継ぎも谷元、井口が打ち込まれた。

 チーム防御率4・79は12球団ワースト。これでは何点入れても焼け石に水。チーム打率がパ5位の・223と低迷しているのも無理はない――と言いたいところだが、実はこれ、順序が逆だという。

 ある球団OBは「むしろ、投手陣が野手にキレているんです」と、こう続ける。

「開幕してからしばらくは、投手陣もここまでひどくはなかった。確かに野手は打てませんが、そんなことくらいで投手は怒らない。彼らは『打てないのは仕方ないが、守備くらいしっかりやれ!』と怒り心頭なんです。チーム失策19はリーグ最多。三塁のレアード、遊撃の中島、二塁の田中ら、内野の主力には記録のつかないポカも多い上に、走塁ミスやバント失敗も目立つ。それで投手陣の気持ちがプッツリ切れてしまっているんです」

 この日も3点を得た直後に、中島が打球をファンブル。失点には結びつかなかったが、投手陣はやってられないと思っているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る