援護なく敗戦…G宮国の伸び悩み6年は「コーチの責任」

公開日:  更新日:

 巨人の宮国椋丞(25)が27日の広島戦で、14年秋以来934日ぶりの先発マウンドに上がった。

 6回3安打1失点。無四球の81球だったが、援護なく敗戦投手となった。

「いい感じで試合に入ることができた。テンポ良く投げられた要因だと思う」とコメント。今季は好調だったが、開幕ローテーション入りを逃し、中継ぎ起用となっていた。高木勇が故障で離脱したため、巡ってきたチャンスでまずまずの投球を見せた。

 入団当初、コーチ歴30年超の名伯楽・小谷現巡回投手コーチに「初めて自分の理想を体現できる投手に会った」と言わしめた“天才”。「この子を育てられなかったらコーチの責任」と当時の首脳陣が口を揃えた逸材だ。それが今季で7年目を迎える。巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言う。

「13年に開幕投手まで務めるほど期待された投手。それが、見るたびに投球フォームが変わっている時期があった。これまで関わったコーチの責任はあるでしょう。入団当初の小谷コーチが今季から復帰したことが好調につながっているのかもしれない。彼にとっては父親のような存在ですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る