援護なく敗戦…G宮国の伸び悩み6年は「コーチの責任」

公開日:  更新日:

 巨人の宮国椋丞(25)が27日の広島戦で、14年秋以来934日ぶりの先発マウンドに上がった。

 6回3安打1失点。無四球の81球だったが、援護なく敗戦投手となった。

「いい感じで試合に入ることができた。テンポ良く投げられた要因だと思う」とコメント。今季は好調だったが、開幕ローテーション入りを逃し、中継ぎ起用となっていた。高木勇が故障で離脱したため、巡ってきたチャンスでまずまずの投球を見せた。

 入団当初、コーチ歴30年超の名伯楽・小谷現巡回投手コーチに「初めて自分の理想を体現できる投手に会った」と言わしめた“天才”。「この子を育てられなかったらコーチの責任」と当時の首脳陣が口を揃えた逸材だ。それが今季で7年目を迎える。巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言う。

「13年に開幕投手まで務めるほど期待された投手。それが、見るたびに投球フォームが変わっている時期があった。これまで関わったコーチの責任はあるでしょう。入団当初の小谷コーチが今季から復帰したことが好調につながっているのかもしれない。彼にとっては父親のような存在ですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る