救世主期待の巨人・篠原慎平 “広島守護神”中崎との類似点

公開日: 更新日:

 育成から支配下契約を結んだ巨人の篠原慎平(26)が17日、一軍に合流した。

 18日からの熊本、鹿児島でのヤクルト2連戦に向けて現地入り。熊本市内で会見し、「やっとここまで来たけど、ここがゴールじゃない。一軍に必要とされる戦力になっていきたい」と育成から3年目でつかんだ一軍切符に気合十分。同席した高橋監督は「キャンプやオープン戦で投げているのを見て、力があるのは感じていた。今、右の力のある投手が少ない。一番の特長はストレート。あとはどれだけ変化球を使っていけるか」と期待した。

■独立リーグ経てプロ入りの苦労人

 愛媛・四国中央市生まれ。川之江高2年夏に県大会4強入りも高校を中退し、今治精華高通信制課程松山校に通いながら、08年に独立リーグ四国の愛媛入り。13年からは同・香川でプレーした。14年育成ドラフト1位で巨人に入団した苦労人でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る