9敗中5敗が逆転負け…巨人に高木京“一軍早期復帰”待望論

公開日:  更新日:

 手痛い逆転負けを食らった。前日にエース菅野の完封劇で0.5ゲーム差に迫って迎えた26日の首位広島戦。巨人は中井の本塁打などで幸先良く3点を先制したが、先発した大竹寛(33)が誤算だった。

 四回に同点に追いつかれ、六回に先頭の鈴木に四球を与えたところで降板。2番手の新人左腕・池田が3点を勝ち越され、3番手の篠原も1失点。大竹は六回途中4失点で今季初黒星となった。

 今季1勝4敗となった広島戦の敗戦は全て逆転されたもの。巨人は今季9敗中5敗が逆転負けとなっている。

「八、九回はマシソン、カミネロと決まっている。問題は先発が降板した場合の六、七回。逆転負けが多いのは、勝ちパターンの投手が2人しか決まっていないからです。開幕以降そこが課題。育成の篠原を早々に支配下登録したのもそのためですが、その篠原は登板4試合目のこの日、七回に先頭の菊池を四球で歩かせて決勝点を献上するなど若さを露呈。補強するにも、4人の外国人枠は埋まっている。あとはトレードか、篠原のように育成から引き上げるしかない」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る