9敗中5敗が逆転負け…巨人に高木京“一軍早期復帰”待望論

公開日:  更新日:

 手痛い逆転負けを食らった。前日にエース菅野の完封劇で0.5ゲーム差に迫って迎えた26日の首位広島戦。巨人は中井の本塁打などで幸先良く3点を先制したが、先発した大竹寛(33)が誤算だった。

 四回に同点に追いつかれ、六回に先頭の鈴木に四球を与えたところで降板。2番手の新人左腕・池田が3点を勝ち越され、3番手の篠原も1失点。大竹は六回途中4失点で今季初黒星となった。

 今季1勝4敗となった広島戦の敗戦は全て逆転されたもの。巨人は今季9敗中5敗が逆転負けとなっている。

「八、九回はマシソン、カミネロと決まっている。問題は先発が降板した場合の六、七回。逆転負けが多いのは、勝ちパターンの投手が2人しか決まっていないからです。開幕以降そこが課題。育成の篠原を早々に支配下登録したのもそのためですが、その篠原は登板4試合目のこの日、七回に先頭の菊池を四球で歩かせて決勝点を献上するなど若さを露呈。補強するにも、4人の外国人枠は埋まっている。あとはトレードか、篠原のように育成から引き上げるしかない」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る