9敗中5敗が逆転負け…巨人に高木京“一軍早期復帰”待望論

公開日: 更新日:

 手痛い逆転負けを食らった。前日にエース菅野の完封劇で0.5ゲーム差に迫って迎えた26日の首位広島戦。巨人は中井の本塁打などで幸先良く3点を先制したが、先発した大竹寛(33)が誤算だった。

 四回に同点に追いつかれ、六回に先頭の鈴木に四球を与えたところで降板。2番手の新人左腕・池田が3点を勝ち越され、3番手の篠原も1失点。大竹は六回途中4失点で今季初黒星となった。

 今季1勝4敗となった広島戦の敗戦は全て逆転されたもの。巨人は今季9敗中5敗が逆転負けとなっている。

「八、九回はマシソン、カミネロと決まっている。問題は先発が降板した場合の六、七回。逆転負けが多いのは、勝ちパターンの投手が2人しか決まっていないからです。開幕以降そこが課題。育成の篠原を早々に支配下登録したのもそのためですが、その篠原は登板4試合目のこの日、七回に先頭の菊池を四球で歩かせて決勝点を献上するなど若さを露呈。補強するにも、4人の外国人枠は埋まっている。あとはトレードか、篠原のように育成から引き上げるしかない」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  3. 3

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  4. 4

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  9. 9

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る