勝利重視でベテラン起用 “混パ”の背景にソフトB工藤采配

公開日:

 昨季5、6位の楽天とオリックスが首位、2位タイと逆転現象が起きているパ・リーグ。中でも「こんなハズでは」とクビをひねっているのがソフトバンクだろう。

 24日現在、勝率5割の4位。18日から4連勝で巻き返したかと思いきや、22日からは2連敗だ。

 11失点で負けた22日の楽天戦後に、会見を1分足らずで打ち切った工藤監督(写真円内)。ある球団OBは「工藤監督の選手起用も疑問です」と話す。

「15年の就任当時から勝利重視でベテランを偏重していたが、昨季の急失速、V逸で、さらに拍車がかかっている。22日の試合後に32歳の吉村を不振で抹消したかと思えば、代わりに昇格させたのは31歳の明石です。WBCの影響なのか、松田も打率2割を切り、ベンチでも元気がない。こうした時こそ若手を起用してチームに刺激を与えてもいいのに、工藤監督はかたくなに若手を二軍から上げようとしませんからね」

 目先の勝利も逃し、育成も遅れかねない。工藤監督が眉間にシワを寄せてベンチで腕組みしている限り、ソフトバンクの上がり目は当分先か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る