勝利重視でベテラン起用 “混パ”の背景にソフトB工藤采配

公開日: 更新日:

 昨季5、6位の楽天オリックスが首位、2位タイと逆転現象が起きているパ・リーグ。中でも「こんなハズでは」とクビをひねっているのがソフトバンクだろう。

 24日現在、勝率5割の4位。18日から4連勝で巻き返したかと思いきや、22日からは2連敗だ。

 11失点で負けた22日の楽天戦後に、会見を1分足らずで打ち切った工藤監督(写真円内)。ある球団OBは「工藤監督の選手起用も疑問です」と話す。

「15年の就任当時から勝利重視でベテランを偏重していたが、昨季の急失速、V逸で、さらに拍車がかかっている。22日の試合後に32歳の吉村を不振で抹消したかと思えば、代わりに昇格させたのは31歳の明石です。WBCの影響なのか、松田も打率2割を切り、ベンチでも元気がない。こうした時こそ若手を起用してチームに刺激を与えてもいいのに、工藤監督はかたくなに若手を二軍から上げようとしませんからね」

 目先の勝利も逃し、育成も遅れかねない。工藤監督が眉間にシワを寄せてベンチで腕組みしている限り、ソフトバンクの上がり目は当分先か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    立憲と国民は児童会か 合流破談で完全に国民に見放される

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る