• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WBCでチーム牽引 巨人・小林誠司が開き直れた監督の一言

 小林誠司(27・巨人)はWBCで、当初の第3捕手構想から一転、強肩を武器に正捕手に座り、全7試合でスタメンマスク。打率4割5分、6打点と打撃でも貢献し、「ラッキーボーイ」としてチームを牽引した。

「最初はこんなに試合に出られると思っていなかったので、試合に出させてもらって経験させてもらったこと。小久保監督に『好きにやっていいぞ』と言われ、開き直れたというか……。自信? まだまだですけど、多少はあるかもしれませんね。知名度? まだまだですけど、巨人でもやらないといけないという自覚が芽生えました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事