一振りで試合を決める G阿部はチーム内“求心力”も再上昇

公開日:  更新日:

 息詰まる投手戦に風穴をあけたのは、やはりこの男だった。16日の中日戦の七回だ。二塁打で出塁した坂本を二塁に置いて、4番の阿部慎之助(38)が右前に先制の適時打。カウント3-2になるまで一度もスイングをせず、まさに一振りで試合を決めた。

「さすが、ですね。1球に勝負をかけたように見えた。そういう中で、きっちりと反応して前にはじき返すという技術。さすがだと思います」とは、試合後の高橋監督。それまで打線が中日先発の吉見にわずか3安打に抑えられていただけに、「さすが」と繰り返して主砲を称えた。

「なかなか打てる球が来なかったけど、最後にうまく反応できた」と、殊勲の一打を振り返った阿部に、チーム関係者が「改めて求心力が高まっています」とこう続ける。

「(坂本)勇人が名実ともにチームリーダーに成長する中で、慎之助はここ数年の不調もあって、正直、チーム内で煙たい存在になりつつあった。故障が増え、打撃に全盛期の迫力が失せてもなお体育会的な大ボス然として振る舞う慎之助から、距離を置く選手も実際にいた。しかし、『優勝するもしないも小林次第。自分の経験のすべてを教える』とオフの自主トレに正捕手候補の小林を同行し、マンツーマンで親身に指導。その小林がWBCで明らかな成長を見せたうえ、自身も本塁打と打点でリーグの2冠を走る活躍です。厳しい直言にも説得力が戻った」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る