侍Jで株上昇も巨人では…小林“低評価”3つの理由をOB指摘

公開日:  更新日:

 巨人の扇の要・小林誠司(27)がパッとしない。

 打撃の話だ。侍ジャパンでは「強肩」を買われ、正捕手に抜擢。3月のWBCでは打率.450、6打点とバットでも貢献し、「ラッキーボーイ」といわれた。侍ジャパンでもコーチを務めた巨人の村田善バッテリーコーチは、小林についてこう話している。

「今年は根拠のあるリードをしようと取り組んでいるところ。WBCを経験できたとはいえ、リード面はまだまだです。今のところ、チームの中で打てていないのに無条件で試合に出られている状況。だから私は『素直に謙虚にキビキビと動きなさい』と誠司に『これだけは怠るな』と言っているんです」

 昨季の打率は.204でリーグ最下位。村田ヘッドコーチが設定した「最低でも2割5分は打ってもらいたい」というノルマに遠く及ばず、今季も同最下位の.153に沈んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る