• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチローは09年胃潰瘍に 青木にしか頼れない侍Jのモロさ

 第1ラウンド最大のヤマ場がいきなりやってきた。WBCのB組日本は7日午後7時、強化試合ではサッパリだったキューバと対戦する。開幕直前の実戦7試合でキューバは1勝5敗1分け。手の内を明かさないために「寝たふり」しているという見方もあるが、前日の小久保監督は「独特の緊張感があるので、厳しい戦いになると思う。初戦なんとかいい形でスタートを切れれば乗っていけるのではないか」と言った。

■自身にイチローを重ね

 今大会の日本代表が乗っていけるかどうかは、キューバ戦の結果だけではない。唯一のメジャーリーガーとして参加している青木宣親(35=アストロズ)の言動が大きなポイントになりそうだ。

 2日から代表に合流した最年長メンバーは、チームメートに「ノリさんか青さんと呼んでください」と挨拶。積極的に選手と交流し、チームを牽引すべく精力的に動いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る