オリックス赤間がプロ初勝利 「防御率54・00」からの逆襲

公開日: 更新日:

 オリックスがサヨナラ勝ちで連敗を4でストップ。この日、4安打目となる右前打で勝負を決めたヒーローの駿太以上に笑顔だったのが、2年目の右腕投手、赤間謙(26)だった。

 延長十一回に7番手として今季初登板。2イニングを無失点に抑え、「先輩たちがつないでくれた。ボクもゼロでという強い気持ちでいった」とうれしいプロ初勝利が転がり込んできた。

 鷺宮製作所からドラフト9位で入団した新人年の昨年は、開幕一軍キップを手にしたものの、いきなりプロの洗礼を浴びた。中継ぎとして巡ってきたプロ初登板で押し出しを含む4四死球で4失点と炎上し、2度目のマウンドも4失点。防御率54・00となってそのまま二軍行きを命じられた。

 それでも、3カ月後に再び一軍に這い上がり、リリーフとして活躍。9月のプロ初先発では1回KOされたが、24試合登板で防御率3・09と安定感を取り戻すなど、投球と同様の粘り強い性格が持ち味だ。

「チームでつかんだ勝利。貢献できてうれしい」

 最後まで笑顔が絶えなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  10. 10

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る