オリ打線また沈黙…ドラ1右腕・山岡“無援地獄”の後遺症

公開日: 更新日:

 この日も援護がなかった。オリックスドラフト1位右腕、山岡泰輔(21=東京ガス)が30日のソフトバンク戦で6回無失点の好投。1点のリードを守ってマウンドを降りたものの、リリーフ陣が打たれ、またもプロ初勝利を逃した。

「なんとか粘ったけど、毎回ランナーを出した。反省しなければ」とは、本人の弁だが、ここまで3試合に先発して防御率は2・25。12球団3位のチーム打率.266を誇る打線が、なぜか山岡が投げる日には沈黙する。登板3試合での援護点はたったの2点。好投報われず、という展開が続いているのだ。

「もうちょっと援護ができたらね」と、福良監督も申し訳なさそうだった。

 無援は投手の調子を狂わす。1点もやれない、0点に抑えなければ、と余裕がなくなり、自分で自分に重圧をかけて、崩れ始める。もうちょっと援護ができれば、などと悠長なことは言っていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  4. 4

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  5. 5

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る