• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリ打線また沈黙…ドラ1右腕・山岡“無援地獄”の後遺症

 この日も援護がなかった。オリックスのドラフト1位右腕、山岡泰輔(21=東京ガス)が30日のソフトバンク戦で6回無失点の好投。1点のリードを守ってマウンドを降りたものの、リリーフ陣が打たれ、またもプロ初勝利を逃した。

「なんとか粘ったけど、毎回ランナーを出した。反省しなければ」とは、本人の弁だが、ここまで3試合に先発して防御率は2・25。12球団3位のチーム打率.266を誇る打線が、なぜか山岡が投げる日には沈黙する。登板3試合での援護点はたったの2点。好投報われず、という展開が続いているのだ。

「もうちょっと援護ができたらね」と、福良監督も申し訳なさそうだった。

 無援は投手の調子を狂わす。1点もやれない、0点に抑えなければ、と余裕がなくなり、自分で自分に重圧をかけて、崩れ始める。もうちょっと援護ができれば、などと悠長なことは言っていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る