7年目の躍進 オリ宮崎祐樹はおっちょこちょいの愛称ゴリ

公開日:

 好調・オリックスの核弾頭を務めるのが宮崎祐樹(30=外野手、7年目)だ。

 26日現在、15試合に出場して.383、2本塁打、9打点。20日の日本ハム戦では2本塁打を放って4連勝に貢献した。

 走攻守と三拍子揃った外野手。俊足で守備範囲が広いうえに強肩。打球をスタンドに運ぶパワーも備えている。

 にもかかわらず、昨年まで二軍暮らしが長かったのは、あまりにもミスが多かったから。送りバントのミス、スクイズやエンドランのサインの見落とし、サイン違い……せっかくチャンスをもらいながら、プレー中のポカが首脳陣の逆鱗に触れてはファームに逆戻りの繰り返しだった。

「顔がゴリラに似ていることから、愛称は『ゴリ』。ノリが良く、チーム内では一番のひょうきん者です。選手のモノマネが得意で、人前でバカをやるのもへっちゃら。ただ、ひどい、おっちょこちょいでね。調子の良いときはイケイケドンドン、自信をもってプレーするのに、うっかりポカをやってしくじると、異常なほど弱気になってしまう。そうなると落ち込んで、またミスをするという悪循環です」とは担当記者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る