• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好調阪神で軒並み停滞 金本チルドレンに2年目のジンクス

 阪神ファンとすれば、「期待はしているけど、もっとしっかりせえ」というところではないか。

 阪神は5日の広島戦、梅野が七回に適時三塁打を放つなど、逆転勝ちを収め、3連勝で首位広島に1ゲーム差に迫った。

 チームが好調を維持する中で、金本監督が就任1年目から手塩にかけて育てている若手野手たちがいまひとつ、殻を破れないでいる。

 マスコミを通じてよく名前が挙がる5人(高山、北條、原口、中谷、江越)を見ても、この日は上本が初回の守備で負傷したことで途中出場した北條は打率.220、2本塁打、11打点。昨年の新人王を獲得したドラ1・高山も打率.253、1本塁打、5打点。捕手から一塁へコンバートされた原口は.237、2本塁打、11打点でこの日はスタメン落ち。江越は開幕から一軍登録されているが、スタメン出場は一度もなく、4打数無安打。中谷が.269、2本塁打、5打点で多少目立つくらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る