• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好調阪神で軒並み停滞 金本チルドレンに2年目のジンクス

 阪神ファンとすれば、「期待はしているけど、もっとしっかりせえ」というところではないか。

 阪神は5日の広島戦、梅野が七回に適時三塁打を放つなど、逆転勝ちを収め、3連勝で首位広島に1ゲーム差に迫った。

 チームが好調を維持する中で、金本監督が就任1年目から手塩にかけて育てている若手野手たちがいまひとつ、殻を破れないでいる。

 マスコミを通じてよく名前が挙がる5人(高山、北條、原口、中谷、江越)を見ても、この日は上本が初回の守備で負傷したことで途中出場した北條は打率.220、2本塁打、11打点。昨年の新人王を獲得したドラ1・高山も打率.253、1本塁打、5打点。捕手から一塁へコンバートされた原口は.237、2本塁打、11打点でこの日はスタメン落ち。江越は開幕から一軍登録されているが、スタメン出場は一度もなく、4打数無安打。中谷が.269、2本塁打、5打点で多少目立つくらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事