好調阪神で軒並み停滞 金本チルドレンに2年目のジンクス

公開日:  更新日:

 阪神ファンとすれば、「期待はしているけど、もっとしっかりせえ」というところではないか。

 阪神は5日の広島戦、梅野が七回に適時三塁打を放つなど、逆転勝ちを収め、3連勝で首位広島に1ゲーム差に迫った。

 チームが好調を維持する中で、金本監督が就任1年目から手塩にかけて育てている若手野手たちがいまひとつ、殻を破れないでいる。

 マスコミを通じてよく名前が挙がる5人(高山、北條、原口、中谷、江越)を見ても、この日は上本が初回の守備で負傷したことで途中出場した北條は打率.220、2本塁打、11打点。昨年の新人王を獲得したドラ1・高山も打率.253、1本塁打、5打点。捕手から一塁へコンバートされた原口は.237、2本塁打、11打点でこの日はスタメン落ち。江越は開幕から一軍登録されているが、スタメン出場は一度もなく、4打数無安打。中谷が.269、2本塁打、5打点で多少目立つくらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る