今頃30億円効果 オリ中島&小谷野はフル稼働も低コスパ

公開日:  更新日:

 複数年契約を結んだ助っ人が、契約最終年に好成績を残す例は枚挙にいとまがない。それまではケガで休むなどチンタラやりながら、契約切れのシーズンを迎えて再契約欲しさに目の色を変えるのだ。

 そこへいくと昨18日の日本ハム戦に勝って、首位楽天を2.5ゲーム差で追うオリックスは、ここまで“助っ人”に支えられていると言っても過言ではない。

 18日現在、中島(34=打率.340はリーグ7位タイ)、小谷野(36=同.345はリーグ6位)のベテラン2人がチームを引っ張り、投手では金子(33)が防御率1.35でリーグ2位につけ、エースとしての役割を果たしている。

 この3人はいずれも14年オフ、オリックスにFA移籍、もしくはFA残留した連中。いわば助っ人みたいなものだ。

 この年、リーグ2位だったオリックスは、金子に「4年20億円」、中島に「3年最大12億円」、小谷野に「3年3億円」の札束を積んで優勝を狙った。当時は総額「30億円補強」として話題になったものの、翌15年は5位、昨年は最下位に沈んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る