• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

注目は梅野 首位阪神のアキレス腱「正捕手問題」の背景

「今の阪神はなかなか付け入るスキがないが、捕手の梅野の働き次第でしょうね」

 首位・阪神の今後について、OBはこうみている。

 梅野は今季、32試合で先発マスクをかぶり、正捕手の座を射止めようとしている。12日のDeNA戦では先発のメッセンジャー以下の3投手をリードし、勝利に導いた。

 冒頭のOBは「梅野はスローイングも捕球も悪くない。ただ、経験の少なさがどう出るか。ここ数年は正捕手として出場していない。必ずどこかで『迷い』が出てくるはず。今は投手の状態がいいから、リードや配球のミスがあってもカバーできるが、裏をかこうとして逆に裏目に出たり、際どいコースを要求してカウントを悪くしたりするケースもある。投手が落ちてきたときにどう対処するかだ」。

 梅野は新人の2014年、92試合に出場したが、15年は56試合、16年は37試合と年々、出場機会が減っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事