5連勝で首位快走も 虎ファン“半信半疑”にこれだけの理由

公開日: 更新日:

「締まった試合をやってくれた。あきらめず、投手がしっかり抑え、打つべき人が打った。理想的な試合でした」

 7日、昨季のリーグ覇者である広島相手に同一カード3連勝を果たした金本監督、満面の笑みでこう言った。

 今の阪神、勢いはある。5日の初戦は七回に5点を奪って逆転勝ちすると、前日6日は一度は0-9と大差をつけられながら、球団史上初となる9点差をひっくり返す劇的勝利。この日は福留、鳥谷が全6打点を叩き出し、守っては先発能見から4投手の継投で完封勝ちだ。これで前カードのヤクルト戦から破竹の5連勝。広島に1ゲーム差をつけて首位快走である。

 これには、古くからの阪神ファンである、ひろさちや氏(作家・宗教評論家)も、「今日もうまい酒が飲めます」と上機嫌。しかしその一方で、「『今年は優勝が狙える!』と断言したいところですが、今後もこの状態をキープできるとは思えません」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  3. 3

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  4. 4

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  5. 5

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  6. 6

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  9. 9

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  10. 10

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る