2強足踏みの今こそ 5連勝で首位の阪神に“緊急補強”の声

公開日: 更新日:

 破竹の5連勝で首位を走る阪神だが、開幕前の下馬評は決して芳しいものではなかった。

 FA3選手と助っ人の大型補強を行った巨人を筆頭に、前年リーグ覇者の広島を優勝候補に推す声が多く、阪神は前年4位で若手が成長途上ということもあり、優勝予想したのは一部の阪神OBだけだった。

 しかし本命の巨人は、陽、山口俊、森福のFA新戦力が揃って二軍暮らし。開幕直後は10連勝した広島も、エースのジョンソン、抑えの中崎が相次いで離脱したことが影響し、連勝が止まった4月14日以降は9勝12敗。「2強」が足踏みする一方、阪神は5月に入って5勝1敗。開幕から巨人、広島相手に9勝5敗と勝ち越していることも大きい。

■球団幹部が現地視察

 そんな中、阪神OBからは「だからこそ、さらにライバルを引き離すための補強を考える必要がある」との声が上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る