2冠に躍り出た広島・鈴木誠也 三冠王の障壁は今季もG坂本

公開日: 更新日:

 広島の危機を救ったのは新4番だった。

 鈴木誠也(22)が、2本塁打を含む3安打5打点の活躍で、チームの連敗を「4」で止めた。

 1点を追う七回2死一塁から、この日2本目となる7号逆転2ランを左翼席へ。五回に3点差をひっくり返された嫌なムードを吹き飛ばし、「最近、いいところで打てなかったから今日は良かった」とホッとした表情。緒方監督は「4番として本当にチームを救う一打を打ってくれる。頼もしい。どんどん成長していくね」と目を細めた。

 10日現在、打率.312、7本塁打、27打点。本塁打と打点はリーグトップタイの2冠に躍り出た。筒香や山田といった実力者が軒並みWBC後遺症に苦しむだけに、三冠王も夢ではない。

 昨季は打率.335、29本塁打、95打点。リーグ優勝後、自身初のタイトルとなる首位打者を本気で狙いにいった。最終的に.344だった巨人の坂本に逃げ切られたが、シーズン終盤、鈴木はこう漏らしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  5. 5

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  8. 8

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  9. 9

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  10. 10

    AAA活動休止発表で“シンボル”を失うエイベックスの痛手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る