2冠に躍り出た広島・鈴木誠也 三冠王の障壁は今季もG坂本

公開日:  更新日:

 広島の危機を救ったのは新4番だった。

 鈴木誠也(22)が、2本塁打を含む3安打5打点の活躍で、チームの連敗を「4」で止めた。

 1点を追う七回2死一塁から、この日2本目となる7号逆転2ランを左翼席へ。五回に3点差をひっくり返された嫌なムードを吹き飛ばし、「最近、いいところで打てなかったから今日は良かった」とホッとした表情。緒方監督は「4番として本当にチームを救う一打を打ってくれる。頼もしい。どんどん成長していくね」と目を細めた。

 10日現在、打率.312、7本塁打、27打点。本塁打と打点はリーグトップタイの2冠に躍り出た。筒香や山田といった実力者が軒並みWBC後遺症に苦しむだけに、三冠王も夢ではない。

 昨季は打率.335、29本塁打、95打点。リーグ優勝後、自身初のタイトルとなる首位打者を本気で狙いにいった。最終的に.344だった巨人の坂本に逃げ切られたが、シーズン終盤、鈴木はこう漏らしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る