• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

他球団が高評価も…巨人15年ドラフト上位2人もう正念場

 巨人が1日、沖縄・那覇キャンプを打ち上げた。高橋由伸監督(41)は「ここまで、試合もきっちりやれて、天候がいい中でほぼできた。(開幕まで)選手個々に結果を求めていきたい。(就任2年目で)何となくペースをつかめた部分があった」と振り返った。

 宮崎の1次キャンプの総括で「若手全体に、まだまだ物足りなさを感じる」と苦言を呈したが、この1カ月を視察した他球団の評価は少し違う。あるスコアラーは「投打で目立ったのは、桜井と重信」と15年のドラフト1、2位の若手を挙げた。センターの重信慎之介(23)は、これまでの実戦7試合で6盗塁。前出のスコアラーが続ける。

「ただの投ゴロを内野安打にしてしまう。バッテリーがウエストしたのに盗塁を成功させてしまうなどの俊足は、やっぱり脅威。今年はミート力が格段に上がっています。昨年は打ち上げて凡退することが多く、足を生かせないことがあったが、今年は淡泊な打撃を見直し、打球を転がすことを徹底していて、嫌らしさが増しましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る