• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

先発陣でひとり3連敗…巨人・内海は由伸監督から“引導”か

 巨人の内海哲也(35)が試合を壊した。

 7日の中日戦。二回にゲレーロに3ランを打たれると、四回にはビシエドのソロ本塁打などで2点を失う。この回には、プロ14年目で初のボークを犯すなど4回5失点でKOされ、「あり得ないミス。全てに迷惑をかけた」と反省。高橋由伸監督は「打たれることは仕方ないが、それ以外の部分がもうひとつだった」とクビをかしげ、尾花投手コーチも「らしくない」とムッツリだった。

 先発投手陣は揃って好調だ。菅野とマイコラスは4勝、田口と大竹は3勝。ローテーションの中では内海だけが1勝3敗、防御率5.54と蚊帳の外である。

「過去の実績と選手のプライドを尊重するタイプの由伸監督は、就任時に期待する投手として菅野と内海の新旧のエースの名前を挙げた。『横一線』を強調していた原前監督とは違い、現監督は『これまでの積み重ねがあるかないか。当然、横一線ではない』という方針。功労者でもある内海は特別扱いされていた。しかし、4月12日の広島戦で新井とエルドレッドにそれぞれ2打席連続被弾し、由伸監督は『内海? いいわけない。あれだけ打たれたんだから』と珍しくキレて翌日に登録を抹消。特別視しても、こうと決めたらドライな采配に徹する。外国人を補強したからと、昨季3割をマークした村田を開幕からベンチに座らせ、不振の長野もしばらくスタメンから外していた。見限ったらスパッとやる人だけに、内海も危ないかもしれない」(チーム関係者)

 内海はこれで自身3連敗。11、12年の最多勝投手だが、セ・リーグのある野手は「ここ数年の内海さんは、スライダーに以前のようなキレがない。曲がりが小さくなった」と衰えを指摘する。昨年末に行った胸の手術の影響もあるかもしれない。とはいえ、もう35歳。元エースの命は風前のともしびだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

もっと見る