• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

先発陣でひとり3連敗…巨人・内海は由伸監督から“引導”か

 巨人の内海哲也(35)が試合を壊した。

 7日の中日戦。二回にゲレーロに3ランを打たれると、四回にはビシエドのソロ本塁打などで2点を失う。この回には、プロ14年目で初のボークを犯すなど4回5失点でKOされ、「あり得ないミス。全てに迷惑をかけた」と反省。高橋由伸監督は「打たれることは仕方ないが、それ以外の部分がもうひとつだった」とクビをかしげ、尾花投手コーチも「らしくない」とムッツリだった。

 先発投手陣は揃って好調だ。菅野とマイコラスは4勝、田口と大竹は3勝。ローテーションの中では内海だけが1勝3敗、防御率5.54と蚊帳の外である。

「過去の実績と選手のプライドを尊重するタイプの由伸監督は、就任時に期待する投手として菅野と内海の新旧のエースの名前を挙げた。『横一線』を強調していた原前監督とは違い、現監督は『これまでの積み重ねがあるかないか。当然、横一線ではない』という方針。功労者でもある内海は特別扱いされていた。しかし、4月12日の広島戦で新井とエルドレッドにそれぞれ2打席連続被弾し、由伸監督は『内海? いいわけない。あれだけ打たれたんだから』と珍しくキレて翌日に登録を抹消。特別視しても、こうと決めたらドライな采配に徹する。外国人を補強したからと、昨季3割をマークした村田を開幕からベンチに座らせ、不振の長野もしばらくスタメンから外していた。見限ったらスパッとやる人だけに、内海も危ないかもしれない」(チーム関係者)

 内海はこれで自身3連敗。11、12年の最多勝投手だが、セ・リーグのある野手は「ここ数年の内海さんは、スライダーに以前のようなキレがない。曲がりが小さくなった」と衰えを指摘する。昨年末に行った胸の手術の影響もあるかもしれない。とはいえ、もう35歳。元エースの命は風前のともしびだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る