• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

俊足ウリの中日ドラ2京田 4安打もコーチ苦言は期待の証

 24日のDeNA戦でプロ初となる4安打を放った中日ルーキーの京田陽太(23)。この日は持ち味の脚力を存分に発揮した。三回、2死二塁の場面で右中間に三塁打を放つと、DeNA石川の怠慢プレーの間に俊足を生かしてホームへ生還。右前打を放った六回には、ウィーランドの暴投の間に二塁から激走して本塁にかえった。

 だが、ミスも多かった。五回に平凡なフライを落球。初回には盗塁を刺された。奈良原浩内野守備走塁コーチは「まだまだ脚力に頼ったプレーが多い」と指摘してこう続ける。

「盗塁の仕方ひとつ取っても、いかに摩擦を減らしてスライディングできるかという意識がまだ十分ではないね。盗塁は摩擦の度合いでスピードが大きく変わるし、セーフかアウトを左右する。(相手に)上から(グラブで)叩かれるところをかいくぐる場合を除いて、うまい人は尻にあまり泥が付かない。でも、京田は普通にスライディングしても尻や太ももがドロドロ。守備に関しても、フライやタッチアップのときも間違った方向へ行ったり、とっさの判断を誤ったり、場面に応じた状況を考えて守る意識がまだ低い」

 厳しい言葉も才能があり、期待しているからこそだ。試合後の京田は、「たくさんミスはありますが、しっかり反省して明日勝てるように頑張りたいと思います」と話した。自覚があるなら修正できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る