コーチ無視でも打率3割 好調楽天支える2年目茂木の頑固頭

公開日: 更新日:

 開幕から首位をキープしている楽天。チームの数字を見ると、失点数(106)、打率(.267)、防御率(2.97)、本塁打数(35)はリーグトップ。中でも、打力でチームを支えているのが、本塁打数チームトップを走る茂木栄五郎(23)だ。助っ人外国人のペゲーロ(30)と並んで8本塁打。打率も.308でチーム2位。ヒットも量産できる長距離バッターとして注目されている。

 2015年のドラフト3位で楽天に入団した茂木は昨季、新人として開幕一軍を勝ち取ると、117試合に出場し、チーム最高打率(.278)を残した。

 好調の理由を聞くと、「(梨田)監督がどういう意図で自分を1番に起用したのかを考えながら、四球狙いではなくあくまでヒットで塁に出ることを意識しています。そのためにはタイミング負けしないことと、相手が嫌がることは何かを考えて打席に立っている」と落ち着いた口調で話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る