清宮95号場外弾でも敗退 早実“ラグビー野球”の落とし穴

公開日:

 今秋ドラフトの超目玉、早実(東京1位)の清宮幸太郎(3年)が、22日午前に茨城・ひたちなか市民球場で行われた関東大会準々決勝・作新学院戦(栃木2位)に「3番・一塁」で出場。3打数無安打で迎えた八回の第4打席でカウント1-0から右翼場外へのソロ本塁打。高校通算95号としたものの、投手陣が打ち込まれてチームは敗退。4強入りはならなかった。

 早実は大味な展開の試合が目立つ。

 今年に入りこの試合の前までで、センバツを含む公式戦9試合で1試合平均11得点の強力打線は健在だが、一方で同平均7失点と「投壊」の課題もそのまま横たわる。だから早実の試合は、ラグビーのような点の取り合いになる。

 スポーツライターの美山和也氏はこう言う。

「いかにも早実らしい試合ですね。新チーム結成以来、9点取られても10点取るという野球を一貫してやっている。これまで早実は公式戦2敗。明治神宮大会で履正社に6-11、今春のセンバツでは、それほど前評判が高くなかった東海大福岡に8-11。たとえ負けても点は取る打線が全国屈指なのは間違いない。半面、清宮が1年生の頃から投手力が課題と言われ続けている。この野球では全国で通用しないとセンバツで露呈したわけです。新1年生の中に、エースとしてこの夏を任せられる投手は入っていないと聞きます。春夏連続出場を果たしたとしても、この春のように相手次第で1回勝てば……といったところ。はっきり言って全国制覇は厳しいですね。先日の招待試合では甲子園で3季連続4強の秀岳館に1-5で完敗。これが今の全国トップとの差です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る