• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野村克也氏が嘆く日本野球の今「外野手出身に名監督なし」

 ヤクルト監督としてリーグ優勝4回、日本一3回の実績を誇る希代の名将がこのほど「野村克也 野球論集成」(徳間書店)を上梓した野球評論家の野村克也氏。自ら「私にとって最初で最後の実践向け野球書」と言う400ページ超の大作だ。プロ野球の世界に身を置いて60年余の経験、知識のすべてをつまびらかにする中で「最近の野球には深みがない」と嘆く。改めて話を聞こうと訪ねるや、「ボヤキのノムさんが、ますますボヤキのノムさんになっている。もうあんまりオレをボヤかせるなと言いたいんだよ」と厳しい表情で語り始めた。

■12球団の監督全員に聞きたいことがある

――現在のプロ野球に大いなる不満、危機感を持っているようですが。

 基本的なプロ意識がない。野球の本質、勝負の本質が分かっていないんだ。そういうものがぜんぜん伝わってこない。今は野球評論家として原稿を書く立場だから困るんだよ。試合を見ていて、この一球、この場面というのがもう全くないから。大変だよ、原稿をつくるのが。野球、勝負事には、ヤマ場というのが絶対にあるはずなんだよ。ああ、この場面に監督が勝負を懸けているなあ、というのがね。それがなくて、ただ淡々とやってるだけでしょ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事