マーリンズ・イチローが同点適時打 代打タイムリー今季初

公開日:  更新日:

 今やすっかり影が薄くなっていたベテラン外野手が久しぶりに見せ場をつくった。

 マーリンズ・イチロー(43)が28日(日本時間29日)のエンゼルス戦、五回1死三塁で代打で出場。相手の先発右腕シューメーカーの変化球を捉えて右翼への適時打を放った。イチローの同点打を足がかりにチームは、この回3点を奪い、結局9-2の大勝である。

 今季初の代打タイムリーにイチローは「(代打の)難しさは僕が別に語る必要はないでしょう。ただヒットを打ったら、めちゃくちゃうれしいですよ」と素直に喜びを口にした。

 イチローは、ここまで41試合で62打数10安打(1本塁打)の打率1割6分1厘。少ないチャンスを生かし切れていないベテランが、ようやく存在感を発揮した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る