マーリンズ・イチローが同点適時打 代打タイムリー今季初

公開日: 更新日:

 今やすっかり影が薄くなっていたベテラン外野手が久しぶりに見せ場をつくった。

 マーリンズ・イチロー(43)が28日(日本時間29日)のエンゼルス戦、五回1死三塁で代打で出場。相手の先発右腕シューメーカーの変化球を捉えて右翼への適時打を放った。イチローの同点打を足がかりにチームは、この回3点を奪い、結局9-2の大勝である。

 今季初の代打タイムリーにイチローは「(代打の)難しさは僕が別に語る必要はないでしょう。ただヒットを打ったら、めちゃくちゃうれしいですよ」と素直に喜びを口にした。

 イチローは、ここまで41試合で62打数10安打(1本塁打)の打率1割6分1厘。少ないチャンスを生かし切れていないベテランが、ようやく存在感を発揮した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る