マーリンズ・イチローが同点適時打 代打タイムリー今季初

公開日:  更新日:

 今やすっかり影が薄くなっていたベテラン外野手が久しぶりに見せ場をつくった。

 マーリンズ・イチロー(43)が28日(日本時間29日)のエンゼルス戦、五回1死三塁で代打で出場。相手の先発右腕シューメーカーの変化球を捉えて右翼への適時打を放った。イチローの同点打を足がかりにチームは、この回3点を奪い、結局9-2の大勝である。

 今季初の代打タイムリーにイチローは「(代打の)難しさは僕が別に語る必要はないでしょう。ただヒットを打ったら、めちゃくちゃうれしいですよ」と素直に喜びを口にした。

 イチローは、ここまで41試合で62打数10安打(1本塁打)の打率1割6分1厘。少ないチャンスを生かし切れていないベテランが、ようやく存在感を発揮した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る