甲子園でもあるか 前打者敬遠の勝負に早実・清宮が大困惑

公開日:  更新日:

 今秋ドラフトの超目玉、早実(東京)の清宮幸太郎(3年)が14日、熊本・RKK招待野球の秀岳館戦に「3番・一塁」で出場。3打数1安打2四球で高校通算94号は出なかった。

“珍事”が起きたのは、早実が4点を追う九回2死走者なしの場面。秀岳館の鍛治舎監督が伝令を出すと、なんと2番・雪山の敬遠を指示。3番・清宮と勝負するという大胆不敵な作戦に、スタンドを埋めた6000人の観客からは、どよめきと拍手が起こった。結局、清宮は一ゴロに倒れ、チームは1-5で敗れた。

 鍛治舎監督は清宮勝負の意図をこう説明した。

「夏の甲子園でも当たるかもしれない。(先発した)川端は対戦したけど、(背番号1の)田浦が勝負できていなかった。熊本のファンも生で見るのは初めて。批判されるかもしれないけど、パフォーマンスじゃない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る