• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

G首脳“取り扱い注意” 陽岱鋼は昇格即適時打も先行き不安

 FA男も結果として起爆剤にはならなかった。巨人は6日の西武戦で、FA加入の陽岱鋼(30)が移籍後初昇格。「1番・中堅」で出場すると、三回1死二、三塁で西武の野上から中前へ2点適時打を放った。先発は菅野。今日こそ連敗ストップかと思われたが、エースが踏ん張れない。

 六回、栗山にソロ本塁打を浴びるなど3失点でリードを守れず。試合を5―5の振り出しに戻され、6回9安打5失点で降板した。巨人は七、八回に突き放され、ついに1975年の球団ワースト11連敗に並んだ。

 入団時、「優勝させるために来た」と豪語していた陽は、2月に離脱の原因となった「下半身の張り」を開幕前の3月に再発させた。当初、村田ヘッドコーチは「ここまで我慢してきた。シーズンは長い。10試合休んでも130試合出てくれれば」と見通しを語っていた。


 しかし、それから2カ月半の時を要した。「10試合」どころか54試合目の遅過ぎる合流である。先月、他のコーチは「一体いつまでかかるのか。肉離れ? それは言えないけど、ずいぶんノンビリしてるな」とヤキモキしていた。古巣・日本ハムのOBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る