G首脳“取り扱い注意” 陽岱鋼は昇格即適時打も先行き不安

公開日: 更新日:

 FA男も結果として起爆剤にはならなかった。巨人は6日の西武戦で、FA加入の陽岱鋼(30)が移籍後初昇格。「1番・中堅」で出場すると、三回1死二、三塁で西武の野上から中前へ2点適時打を放った。先発は菅野。今日こそ連敗ストップかと思われたが、エースが踏ん張れない。

 六回、栗山にソロ本塁打を浴びるなど3失点でリードを守れず。試合を5―5の振り出しに戻され、6回9安打5失点で降板した。巨人は七、八回に突き放され、ついに1975年の球団ワースト11連敗に並んだ。

 入団時、「優勝させるために来た」と豪語していた陽は、2月に離脱の原因となった「下半身の張り」を開幕前の3月に再発させた。当初、村田ヘッドコーチは「ここまで我慢してきた。シーズンは長い。10試合休んでも130試合出てくれれば」と見通しを語っていた。


 しかし、それから2カ月半の時を要した。「10試合」どころか54試合目の遅過ぎる合流である。先月、他のコーチは「一体いつまでかかるのか。肉離れ? それは言えないけど、ずいぶんノンビリしてるな」とヤキモキしていた。古巣・日本ハムのOBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  6. 6

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る