• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

菅野炎上8失点 ボロ負け楽天戦に凝縮された巨人の問題点

「巨人の絶対的エースがこれだけめった打ちを食らうのを初めて見た。驚きましたね。高橋由伸監督、選手、球団の関係者も衝撃を受けたのではないか」

 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言った。

 30日、楽天との交流戦の開幕投手を務めた菅野智之(27)は、初回、先頭・茂木に左前打を許すと、2死からウィーラーに先制2ランを浴びた。二回にも4安打で2失点。5回を投げ、10安打8失点の今季ワーストの大炎上である。冒頭の高橋氏が続ける。

「この1戦に巨人の問題点が凝縮されていたように思います。菅野はセ・リーグでは3連続完封を達成するなど無敵な投手だが、楽天打線はスイングが強く、菅野の球威に誰一人負けていなかった。それも決して大ざっぱなわけではなく、初回に1番・茂木が執拗にファウルで粘って10球目を安打したように、全員で難敵を攻略しようという意図が見えた。変化球でも崩されずにしっかりバットを振り切る。ボールになる誘い球は見送ることができる。巨人の打者とは迫力がまるで違う。二軍の育成態勢や首脳陣の指導も関係しているのでしょう。本当は巨人がこういう打線をつくりたい。巨人の関係者はみんなそう思ったでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る