貧打Gがすがる“最後の劇薬” クルーズ沈黙ならチーム崩壊

公開日:  更新日:

 重い8連敗である。巨人は2日のオリックス戦で、この日から抑えを務めるスコット・マシソン(33)が3点リードの九回2死から炎上した。

 八回2死一塁の場面で登場。この回を抑え、イニングをまたいでマウンドに上がった九回もあっさり2死を奪ったまでは良かった。連敗ストップまであと1死。ここから暗転した。ロメロに6号ソロを叩き込まれ、続く西野から3連打でまさかの同点。延長十一回に今村が2点を失い、泥沼の8連敗だ。

 試合前までリーグ最低.237の貧打にあえぐ巨人はこの日、一、二軍8選手を入れ替えた。貧打の打開策として二軍の本塁打王ルイス・クルーズ(33)が昇格し、外国人枠の関係で守護神のカミネロを抹消。勝利の方程式解体の影響がいきなり出た格好だが、それ以上にやっかいなのはクルーズだ。

 この日、「5番・二塁」で出場。5タコに終わった。高橋由伸監督(42)は「もう少し早く点を取らなくては」と打線をやり玉に挙げ、クルーズについては「体は元気だけど内容は良くなかった」と指摘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る