貧打Gがすがる“最後の劇薬” クルーズ沈黙ならチーム崩壊

公開日:  更新日:

 重い8連敗である。巨人は2日のオリックス戦で、この日から抑えを務めるスコット・マシソン(33)が3点リードの九回2死から炎上した。

 八回2死一塁の場面で登場。この回を抑え、イニングをまたいでマウンドに上がった九回もあっさり2死を奪ったまでは良かった。連敗ストップまであと1死。ここから暗転した。ロメロに6号ソロを叩き込まれ、続く西野から3連打でまさかの同点。延長十一回に今村が2点を失い、泥沼の8連敗だ。

 試合前までリーグ最低.237の貧打にあえぐ巨人はこの日、一、二軍8選手を入れ替えた。貧打の打開策として二軍の本塁打王ルイス・クルーズ(33)が昇格し、外国人枠の関係で守護神のカミネロを抹消。勝利の方程式解体の影響がいきなり出た格好だが、それ以上にやっかいなのはクルーズだ。

 この日、「5番・二塁」で出場。5タコに終わった。高橋由伸監督(42)は「もう少し早く点を取らなくては」と打線をやり玉に挙げ、クルーズについては「体は元気だけど内容は良くなかった」と指摘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る