貧打Gがすがる“最後の劇薬” クルーズ沈黙ならチーム崩壊

公開日: 更新日:

 重い8連敗である。巨人は2日のオリックス戦で、この日から抑えを務めるスコット・マシソン(33)が3点リードの九回2死から炎上した。

 八回2死一塁の場面で登場。この回を抑え、イニングをまたいでマウンドに上がった九回もあっさり2死を奪ったまでは良かった。連敗ストップまであと1死。ここから暗転した。ロメロに6号ソロを叩き込まれ、続く西野から3連打でまさかの同点。延長十一回に今村が2点を失い、泥沼の8連敗だ。

 試合前までリーグ最低.237の貧打にあえぐ巨人はこの日、一、二軍8選手を入れ替えた。貧打の打開策として二軍の本塁打王ルイス・クルーズ(33)が昇格し、外国人枠の関係で守護神のカミネロを抹消。勝利の方程式解体の影響がいきなり出た格好だが、それ以上にやっかいなのはクルーズだ。

 この日、「5番・二塁」で出場。5タコに終わった。高橋由伸監督(42)は「もう少し早く点を取らなくては」と打線をやり玉に挙げ、クルーズについては「体は元気だけど内容は良くなかった」と指摘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    自国第一主義…米、英、ソ連は日本の真珠湾攻撃を喜んだ

もっと見る