日ハム近藤「4割打者」への条件は? 恩師が語る技術と心

公開日: 更新日:

 日本のプロ野球界では初となる4割打者の可能性を秘めているのが日本ハムの近藤健介(23)だ。

 31日のDeNA戦は3打数1安打2四球で打率.407。開幕から2カ月が過ぎて、いまもなお4割をキープしている。

 今季は主にDHで、この日が出場46試合目。73年に張本勲が記録した打率4割超の球団最長記録に並んだ。

 かつての恩師で、横浜高の元野球部部長・小倉清一郎氏は、近藤の好調な打撃をこう解説する。

「昨年まではバットのヘッドが先行して外側から出ていたため、二塁ゴロが多かった。それが今年はヘッドを遅らせ、先にグリップを出して振っている。その結果、インコースをショートの頭上に打てるようになり、左中間や左翼方向への打球が増えた。それと昨年、一本足打法の広いスタンスを狭くするよう、極端に踏み込み過ぎてインコースが窮屈になるインステップをやめるようにアドバイスした。今年はそれが修正され、スイングがスムーズで柔らかくなりましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3年前の因縁再び「広島誠也VS巨人坂本」セ3冠のし烈な争い

  2. 2

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  3. 3

    広島8連勝で単独首位 OB投手も成果指摘の「佐々岡式」とは

  4. 4

    日本はどうしたのか 正気とは思えないトランプ“狂騒”<上>

  5. 5

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  6. 6

    4試合10安打の巨人・丸 カープOBが危惧する“打撃の病気”は

  7. 7

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  8. 8

    菊池涼介が証言 広島浮上は4.17G丸弾で“尻に火”がきっかけ

  9. 9

    トランプ来場で国技館は超厳戒 相撲観戦客は大ブーイング

  10. 10

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る