日ハム近藤「4割打者」への条件は? 恩師が語る技術と心

公開日: 更新日:

 日本のプロ野球界では初となる4割打者の可能性を秘めているのが日本ハムの近藤健介(23)だ。

 31日のDeNA戦は3打数1安打2四球で打率.407。開幕から2カ月が過ぎて、いまもなお4割をキープしている。

 今季は主にDHで、この日が出場46試合目。73年に張本勲が記録した打率4割超の球団最長記録に並んだ。

 かつての恩師で、横浜高の元野球部部長・小倉清一郎氏は、近藤の好調な打撃をこう解説する。

「昨年まではバットのヘッドが先行して外側から出ていたため、二塁ゴロが多かった。それが今年はヘッドを遅らせ、先にグリップを出して振っている。その結果、インコースをショートの頭上に打てるようになり、左中間や左翼方向への打球が増えた。それと昨年、一本足打法の広いスタンスを狭くするよう、極端に踏み込み過ぎてインコースが窮屈になるインステップをやめるようにアドバイスした。今年はそれが修正され、スイングがスムーズで柔らかくなりましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る