日ハム近藤「4割打者」への条件は? 恩師が語る技術と心

公開日: 更新日:

 日本のプロ野球界では初となる4割打者の可能性を秘めているのが日本ハム近藤健介(23)だ。

 31日のDeNA戦は3打数1安打2四球で打率.407。開幕から2カ月が過ぎて、いまもなお4割をキープしている。

 今季は主にDHで、この日が出場46試合目。73年に張本勲が記録した打率4割超の球団最長記録に並んだ。

 かつての恩師で、横浜高の元野球部部長・小倉清一郎氏は、近藤の好調な打撃をこう解説する。

「昨年まではバットのヘッドが先行して外側から出ていたため、二塁ゴロが多かった。それが今年はヘッドを遅らせ、先にグリップを出して振っている。その結果、インコースをショートの頭上に打てるようになり、左中間や左翼方向への打球が増えた。それと昨年、一本足打法の広いスタンスを狭くするよう、極端に踏み込み過ぎてインコースが窮屈になるインステップをやめるようにアドバイスした。今年はそれが修正され、スイングがスムーズで柔らかくなりましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  11. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る