ヤクルトの救世主になる? 助っ人カルロス・リベロの正体

公開日: 更新日:

「ヤ戦病院」の救世主となるか。

 さる24日、ヤクルトが米大リーグ「ダイヤモンドバックス」傘下3Aに所属していたカルロス・リベロ(29)の獲得を明らかにした。リベロは14年にレッドソックスでメジャーデビューを果たし、マイナー通算105発を誇る右の大砲。守備にも定評があり、昨年は3Aで打率.277、19本塁打、72打点。守りではゴールドグラブ賞を受賞した。本職の三塁だけでなく、一塁、遊撃、外野も守れるという。

 来日は7月以降だというが、もっか首位に16.5ゲーム差。最下位ヤクルトはケガ人続出の瀕死状態だ。本来、三塁を守っていた川端慎吾(29)が椎間板ヘルニアでキャンプ中に離脱し、一塁を守る畠山和洋(34)が開幕直後に肉離れで抹消。一発が期待できる数少ない主力のひとり、バレンティン(32)も今月8日に肉離れで離脱した。バレンティンは二軍で実戦に復帰しているものの、全力疾走に不安があり、昇格まではまだ時間を要する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  9. 9

    上川法相は“鋼のメンタル”官邸の狙いは「法務検察潰し」

  10. 10

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

もっと見る