故障続きで最下位も…ヤクルトの二軍好調は“ケガの功名”

公開日:

「相変わらずケガ人が多い。管理体制はどうなっているのか」

 株主から厳しい声が飛んだのは、21日に行われたヤクルトの親会社・ヤクルト本社の株主総会でのこと。川端、畠山ら主力の相次ぐ故障もあり、リーグ最下位に低迷する現状を見れば当然の指摘だろう。

 リーグ優勝した2015年も野手にケガ人が続出。二軍の野手が足りなくなって急きょ、打撃投手を育成契約したくらい。故障者を減らすことはここ数年の課題でもあるが、一方で希望がないわけではない。このところ、やけに二軍の元気がいいのだ。

 6月に入って8勝2敗2分け。首位で並ぶ巨人と楽天に次いで、イースタン・リーグ3位。ヤクルトOBは、「『ケガの功名』になっている部分もあるでしょう」とこう続ける。

「二軍はリハビリ組が多く、一軍メンバーが親子ゲームに出場しない限りは野手9人がフル出場せざるを得ない状況が続いている。捕手が一塁や三塁を守るケースもあるが、そのことで野手はより打席に立ち、守備機会を得ている。経験を積むことができるのです。昨年のドラフト5位の捕手・古賀(明徳義塾)は高卒1年目にもかかわらず、ここ数日はスタメンマスクをかぶっている。多くの出場機会を得ることによって技術や経験値はアップ、精神面も鍛えられていることが好結果を生んでいるのではないか」

 ファームの躍進が、結果として一軍の戦力を押し上げるようなら、光も見えてくるのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る