故障続きで最下位も…ヤクルトの二軍好調は“ケガの功名”

公開日: 更新日:

「相変わらずケガ人が多い。管理体制はどうなっているのか」

 株主から厳しい声が飛んだのは、21日に行われたヤクルトの親会社・ヤクルト本社の株主総会でのこと。川端、畠山ら主力の相次ぐ故障もあり、リーグ最下位に低迷する現状を見れば当然の指摘だろう。

 リーグ優勝した2015年も野手にケガ人が続出。二軍の野手が足りなくなって急きょ、打撃投手を育成契約したくらい。故障者を減らすことはここ数年の課題でもあるが、一方で希望がないわけではない。このところ、やけに二軍の元気がいいのだ。

 6月に入って8勝2敗2分け。首位で並ぶ巨人楽天に次いで、イースタン・リーグ3位。ヤクルトOBは、「『ケガの功名』になっている部分もあるでしょう」とこう続ける。

「二軍はリハビリ組が多く、一軍メンバーが親子ゲームに出場しない限りは野手9人がフル出場せざるを得ない状況が続いている。捕手が一塁や三塁を守るケースもあるが、そのことで野手はより打席に立ち、守備機会を得ている。経験を積むことができるのです。昨年のドラフト5位の捕手・古賀(明徳義塾)は高卒1年目にもかかわらず、ここ数日はスタメンマスクをかぶっている。多くの出場機会を得ることによって技術や経験値はアップ、精神面も鍛えられていることが好結果を生んでいるのではないか」

 ファームの躍進が、結果として一軍の戦力を押し上げるようなら、光も見えてくるのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  11. 10

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

もっと見る