ダルは7安打3失点で6敗目 3年ぶりの球宴選出へピンチ

公開日: 更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が白星から遠ざかっている。

 28日(日本時間29日)のインディアンス戦は6回を7安打3失点(自責点2)、6奪三振、1四球で6敗目(6勝)。4戦ぶりの勝利はならなかった。

 この日のダルは、味方の拙守にも足を引っ張られて初回に1点を先制されると、三回は四球を足がかりに3本の単打で2点の追加を許した。

 ダルはここまで開幕からローテーションを守り、この試合の前までで101投球回(リーグ4位)、防御率3・12(同5位)、109奪三振(同3位)とまずまずの成績。26日に発表されたオールスター(7月11日=マイアミ)ファン投票最終中間発表で、レンジャーズの選手は各ポジションとも上位5人に名前はなし。勝ち頭のダルがチームで唯一の球宴選出候補とみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  6. 6

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  7. 7

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  8. 8

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

もっと見る