復帰初戦で被弾 マーリンズ田沢「守護神」昇格へ前途多難

公開日:

 日本人セットアッパーが戦列に復帰した。

 マーリンズは22日(日本時間23日)、脇腹を痛めて故障者リスト(DL)入りしていた田沢純一(31)の出場登録を発表。田沢は同日のカブス戦でベンチ入り。さっそく地元でのカブス戦に、5点ビハインドの6回から3番手として登板すると、2ランを浴び、1回1安打2失点だった。マーリンズは1─11で敗戦した。

 今季の田沢は故障の影響もあって開幕から投球フォームを崩し、16試合に登板して1勝1敗、防御率6.60で不調だった。5月17日にDL入りし、マイナーでは5試合に調整登板した。

 この日の試合前に会見した田沢はフォーム修正が進んでいることを明かし「引き続きしっかり調整し、しっかりボールに力が伝わるようにしていく」と話した。

 マーリンズでは救援右腕のジーグラーが腰痛でDL入り。マッティングリー監督によれば、手薄な救援陣の穴埋めに田沢を予定よりも早く復帰させたという。

 指揮官は「しばらくは試合の浅い段階で投げさせていくつもり」と起用法を明かしたが、田沢はレッドソックス時代にクローザーを務めている。今後は守護神に昇格する可能性もあるが、前途多難の再スタートとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る