自力V消滅寸前の貧打巨人 球宴明けに打撃C入れ替えの噂

公開日:  更新日:

 貧打線がエースを見殺しにした。

 巨人の菅野智之(27)が奪三振ショーを演じた30日のDeNA戦。7回を投げて打たれた安打はわずかに2本、その2本がいずれも本塁打だったのはいただけないが、2度の3者連続三振を含む10奪三振の内容には迫力があった。が、対照的に威圧感ゼロの打線がこの日も沈黙。散発5安打の1得点に終わり、高橋監督(42)を「打てていないので、なんとかしないといけない」といつものように嘆かせた。

 30日現在、巨人の総得点226はリーグのワースト。チーム打率もリーグ5位の.239で、4度の完封負けを含む8連敗と急失速している阪神の.240よりさらに下という惨状だ。

「開幕からずっと打線の低調が続いている。なんらかのテコ入れは必要です。堤前GMは『そういう時期じゃないし、そういう話もない』と否定していたが、球団内ではコーチの入れ替えが現実味を増している。一軍の打撃コーチは江藤(47)、二岡(41)の2人態勢ですが、主に若手を担当する二岡は選手からの評判は悪くない。そもそも、高橋監督の現役時代から盟友で、監督たっての希望で今季、二軍コーチから昇格した。監督の頭には二岡の入れ替えはない。問題はもう1人の江藤の方。コーチ8年目で、これまでに一軍と二軍を行ったり来たり。指導力を評価する声が聞かれないのにユニホームを着られているのは、広島からFAで入団したときの身分保障のおかげ、なんて嫌みを言われている。いずれにしろ球団マターで入閣しているわけだから、代えるならこっちの方でしょう」(巨人OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る