ワーストタイ7失点KOのダル 3年ぶり球宴「白紙」ピンチも

公開日: 更新日:

 前半戦終了間際になって息切れか。レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が4日(日本時間5日)のレッドソックス戦に登板し、4回3分の1を1本塁打含む11安打7失点。今季初めて5回を持たずにKOされた。7失点は昨年9月17日のアスレチックス戦以来で、メジャー自己ワーストタイだ。

 この日のダルは変化球を低めに集める丁寧な投球も二回は味方の拙守にも足を引っ張られ、4安打で2点の先制を許す。四回にも4連打と集中打を浴び、2点を追加されると、続く五回には6番ベニンテンディに、この日3安打目となる3ランを許して交代を告げられた。ア・リーグ東地区首位を走る好調なレッドソックス打線の勢いを止められなかった。

 今季は開幕からローテーションを守り、この試合の前までで17試合(計107回)に登板し、6勝6敗、防御率3.11。15年に受けた右肘のトミー・ジョン(腱の再建)手術からの完全復活をアピール。オールスター(11日=マイアミ)は機構推薦で3年ぶりに選出され、「もちろん投げたいです」と大舞台での登板に乗り気だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る