• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ワーストタイ7失点KOのダル 3年ぶり球宴「白紙」ピンチも

 前半戦終了間際になって息切れか。レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が4日(日本時間5日)のレッドソックス戦に登板し、4回3分の1を1本塁打含む11安打7失点。今季初めて5回を持たずにKOされた。7失点は昨年9月17日のアスレチックス戦以来で、メジャー自己ワーストタイだ。

 この日のダルは変化球を低めに集める丁寧な投球も二回は味方の拙守にも足を引っ張られ、4安打で2点の先制を許す。四回にも4連打と集中打を浴び、2点を追加されると、続く五回には6番ベニンテンディに、この日3安打目となる3ランを許して交代を告げられた。ア・リーグ東地区首位を走る好調なレッドソックス打線の勢いを止められなかった。

 今季は開幕からローテーションを守り、この試合の前までで17試合(計107回)に登板し、6勝6敗、防御率3.11。15年に受けた右肘のトミー・ジョン(腱の再建)手術からの完全復活をアピール。オールスター(11日=マイアミ)は機構推薦で3年ぶりに選出され、「もちろん投げたいです」と大舞台での登板に乗り気だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る