ワーストタイ7失点KOのダル 3年ぶり球宴「白紙」ピンチも

公開日:

 前半戦終了間際になって息切れか。レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が4日(日本時間5日)のレッドソックス戦に登板し、4回3分の1を1本塁打含む11安打7失点。今季初めて5回を持たずにKOされた。7失点は昨年9月17日のアスレチックス戦以来で、メジャー自己ワーストタイだ。

 この日のダルは変化球を低めに集める丁寧な投球も二回は味方の拙守にも足を引っ張られ、4安打で2点の先制を許す。四回にも4連打と集中打を浴び、2点を追加されると、続く五回には6番ベニンテンディに、この日3安打目となる3ランを許して交代を告げられた。ア・リーグ東地区首位を走る好調なレッドソックス打線の勢いを止められなかった。

 今季は開幕からローテーションを守り、この試合の前までで17試合(計107回)に登板し、6勝6敗、防御率3.11。15年に受けた右肘のトミー・ジョン(腱の再建)手術からの完全復活をアピール。オールスター(11日=マイアミ)は機構推薦で3年ぶりに選出され、「もちろん投げたいです」と大舞台での登板に乗り気だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る