ロジャース加入で出番減必至…若虎“総崩れ”の危険な兆候

公開日: 更新日:

「(名前の)呼ばれ方は、アメリカ時代にチームメートにつけられた『パンダ』でもいい」

 阪神の新助っ人・ロジャース(29=パイレーツ3A)が入団会見。ちゃめっ気タップリにリップサービスをしたかと思えば、「非常に興奮している。早くプレーしたい」と会見後に早速、二軍の鳴尾浜へ移動。フリー打撃で快音を響かせると、本職の一塁ノックで汗を流した。

 早ければ球宴後にも一軍に合流するという新助っ人。これに危機感を募らせているのが、同じ一塁を守る中谷(24)と原口(25)だ。6日のDeNA戦では揃って本塁打を放って存在感をアピールしたものの、2人はこの日の巨人戦ではともに4タコだった。

 阪神は2位をキープしながら、首位広島とは8ゲーム差。3位DeNAに2ゲーム差に迫られているのは、チーム打率・242の貧打が原因だ。中谷、原口に限らず、高山(24)や北條(22)、江越(24)ら若手がもっと成長していれば、ロジャースを取りにいくことはなかったのかもしれない。ある阪神OBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る