ロジャース加入で出番減必至…若虎“総崩れ”の危険な兆候

公開日: 更新日:

「(名前の)呼ばれ方は、アメリカ時代にチームメートにつけられた『パンダ』でもいい」

 阪神の新助っ人・ロジャース(29=パイレーツ3A)が入団会見。ちゃめっ気タップリにリップサービスをしたかと思えば、「非常に興奮している。早くプレーしたい」と会見後に早速、二軍の鳴尾浜へ移動。フリー打撃で快音を響かせると、本職の一塁ノックで汗を流した。

 早ければ球宴後にも一軍に合流するという新助っ人。これに危機感を募らせているのが、同じ一塁を守る中谷(24)と原口(25)だ。6日のDeNA戦では揃って本塁打を放って存在感をアピールしたものの、2人はこの日の巨人戦ではともに4タコだった。

 阪神は2位をキープしながら、首位広島とは8ゲーム差。3位DeNAに2ゲーム差に迫られているのは、チーム打率・242の貧打が原因だ。中谷、原口に限らず、高山(24)や北條(22)、江越(24)ら若手がもっと成長していれば、ロジャースを取りにいくことはなかったのかもしれない。ある阪神OBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る