金本辞任もあるぞ 阪神2位維持で幹部に“勝利優先”の邪念

公開日:

「話が違うやろ!」

 金本監督はそう思っているのではないか。

 2位阪神は6月末までの8連敗で首位広島には7ゲームもの大差をつけられているが、ペナントはまだ折り返し地点。逆転は十分に可能だ。1日に契約合意が発表されたジェイソン・ロジャース内野手(29=パイレーツ3A)の獲得も、12年ぶりの優勝に向けて打線を強化するのが狙いだが、この時期の助っ人取りに最も積極的だったのは球団オーナーだというのだ。

 2008年6月に就任した坂井信也オーナー(69)は優勝の味をまだ知らない。08年の阪神といえば、一時は巨人に13ゲーム差をつけて優勝が確実視されながら、終盤の失速で大逆転負けを食らい、岡田監督(当時)は引責辞任。優勝記念グッズなども大量処分されるなど、思わぬ結末に坂井オーナーはじだんだを踏んで悔しがったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る