「聞き流すだけで…」 ヤクルト山田を悩ます“助言の雨”

公開日: 更新日:

 10日の巨人戦の四回、不振に喘ぐヤクルト山田哲人(24)が先制の2ランを放った。が、逆転負けで連敗が8に伸びたこの試合で、山田が放った安打はこの1本だけ。4打数1安打で打率は.224、いまだリーグのワーストに沈んだままである。

 2年連続トリプルスリーの主砲はもちろん、復調に必死だ。試合前練習が始まる1時間以上も前に球場入りし、杉村チーフ打撃コーチと毎日のように早出練習。先月16日からは、新たなメニューも取り入れている。

 杉村コーチが言う。

「今まではティー打撃だけだったけど、ティーよりもう少し距離を取ってスピードの速いボールを打つ、『ショートゲーム』も取り入れた。これで速い球はもちろん、ティーと併せてやることで変化球、特に落ちる緩いボールにも対応できるようになるんじゃないかと思ってね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    自公議員が銀座でハシゴ酒…芸能人は“音沙汰なし”のナゼ

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

もっと見る