自己最多15本塁打も…西武秋山が語る“ホームランの怖さ”

公開日: 更新日:

 ホームランは野球の華――白球が放物線を描いて、あるいはライナーでスタンドに突き刺さる瞬間は、野球ならではの魅力だ。

 しかし、すべての打者がホームランに憧れるわけではない。西武のリードオフマン、秋山翔吾(29)も、その一人だ。

 今季はリーグ8位の15本塁打。自身最多だった15年の14本塁打を、前半戦も終わらないうちに上回った。しかし、本人は「特に狙っているわけじゃない。体重も増えてませんよ。なんでホームランが多いのか……?」と首をかしげつつ、こう語るのだ。

「正直、ホームランに魅力を感じていない。ただ、一発の魅力に取りつかれるのが怖いんです。ホームランほどわかりやすい点の取り方はありませんからね。僕はヒットや四球で出塁することが、一番の役割だと思っている。一発に魅力を感じてしまうと、そこがおろそかになりかねない。例えば、打率も何も考えずに一発だけ狙えば、プロなら誰だってある程度は打てると思うんですよ。でも、それだと野球にならない。役割をおろそかにしてまで、一発を増やすリスクがあるのかどうか……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  9. 9

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

  10. 10

    <25>お持ち帰りできる「ホテル内のカラオケ」で接待

もっと見る