5回6失点サヨナラ負け 巨人・山口俊がハマり始めたFA地獄

公開日:  更新日:

 巨人の山口俊(29)がまた打たれた。

 9日の阪神戦で三回に中谷、五回に糸原に本塁打を浴びるなど、3イニング連続失点。9安打6失点で5回降板、6四死球の乱調だった。これで移籍後4試合の登板で1勝1敗、防御率6・43。高橋由伸監督(42)も「もうちょっと頑張ってもらわないといけない」とムッツリだったが、そういえば、山口俊と同じ横浜(現DeNA)から巨人へFA移籍した経験がある評論家の門倉健氏がこう言っていた。

「『FA入団だから活躍して当たり前』という目で見られ、どうしても力んでしまう。ましてや山口俊は肩の故障で出遅れているため、さらに焦りがあるでしょう。ボクの場合は、チャンスをもらったのになかなか勝てず、どんどんプレッシャーが大きくなり、さらに勝てない悪循環に陥りました」

 右肩痛で出遅れた山口俊は、初登板となった6月14日のソフトバンク戦こそ6回無安打の完璧な投球を見せたが、続く25日の中日戦で3失点6四球という乱調を演じると、今月2日のDeNA戦の6失点に続き、この日も2本塁打を浴びて6失点。セ・リーグとの対戦になってからは、からっきしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る