5回6失点サヨナラ負け 巨人・山口俊がハマり始めたFA地獄

公開日: 更新日:

 巨人の山口俊(29)がまた打たれた。

 9日の阪神戦で三回に中谷、五回に糸原に本塁打を浴びるなど、3イニング連続失点。9安打6失点で5回降板、6四死球の乱調だった。これで移籍後4試合の登板で1勝1敗、防御率6・43。高橋由伸監督(42)も「もうちょっと頑張ってもらわないといけない」とムッツリだったが、そういえば、山口俊と同じ横浜(現DeNA)から巨人へFA移籍した経験がある評論家の門倉健氏がこう言っていた。

「『FA入団だから活躍して当たり前』という目で見られ、どうしても力んでしまう。ましてや山口俊は肩の故障で出遅れているため、さらに焦りがあるでしょう。ボクの場合は、チャンスをもらったのになかなか勝てず、どんどんプレッシャーが大きくなり、さらに勝てない悪循環に陥りました」

 右肩痛で出遅れた山口俊は、初登板となった6月14日のソフトバンク戦こそ6回無安打の完璧な投球を見せたが、続く25日の中日戦で3失点6四球という乱調を演じると、今月2日のDeNA戦の6失点に続き、この日も2本塁打を浴びて6失点。セ・リーグとの対戦になってからは、からっきしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る