打たれても…ヤクルト小川“守護神継続”で心配な精神状態

公開日: 更新日:

 デジャビュだった。

 9日、広島戦。1点リードの九回に登板したヤクルト新守護神の小川泰弘(27)が、因縁の相手に再び打たれた。先頭打者の安打から1死三塁のピンチを招き、7日に逆転3ランを浴びたばかりの代打新井に、またも適時二塁打を許した。

 その直前、2日前の悪夢を断ち切るべく、珍しく真中監督がベンチを出てマウンドに向かった。

「邪心を捨てて、余計なことは考えずに自分のボールを投げよう」

 小川の両肩に手を置き、諭すようにそう鼓舞したが、実らなかった。

 入団以来、先発ローテの中心を担ってきた小川はチーム事情で中継ぎに配置転換。抑えの秋吉の故障離脱で、急きょ、ストッパーを務めることになった。リリーフ経験がほとんどない小川の起用にそもそも不安はなかったのか。伊藤智投手コーチはこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  8. 8

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る