• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打たれても…ヤクルト小川“守護神継続”で心配な精神状態

 デジャビュだった。

 9日、広島戦。1点リードの九回に登板したヤクルト新守護神の小川泰弘(27)が、因縁の相手に再び打たれた。先頭打者の安打から1死三塁のピンチを招き、7日に逆転3ランを浴びたばかりの代打新井に、またも適時二塁打を許した。

 その直前、2日前の悪夢を断ち切るべく、珍しく真中監督がベンチを出てマウンドに向かった。

「邪心を捨てて、余計なことは考えずに自分のボールを投げよう」

 小川の両肩に手を置き、諭すようにそう鼓舞したが、実らなかった。

 入団以来、先発ローテの中心を担ってきた小川はチーム事情で中継ぎに配置転換。抑えの秋吉の故障離脱で、急きょ、ストッパーを務めることになった。リリーフ経験がほとんどない小川の起用にそもそも不安はなかったのか。伊藤智投手コーチはこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る