• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

借金20に猛抗議 いよいよ始まる燕ファンの真中監督降ろし

 衝撃的な敗戦にベンチの真中監督は呆然と立ち尽くすしかなかった。

 7日の広島戦。8―3と大量5点リードで九回を迎えた。チームは5連敗中。マウンドには、新守護神に任命したばかりの小川を送った。石橋を叩いて渡るような采配がしかし、裏目に出た。

 先頭のバティスタに一発を浴びると、1死後に菊池にもソロ本塁打を被弾。2死から松山に適時打を打たれ、最後は一、三塁から代打の新井に逆転3ランをバックスクリーンに突き刺された。

 試合後、三木ヘッドコーチに肩を抱かれ、無言のまま引き揚げた小川はもちろん、指揮官にとってもショックの大きい敗戦だ。報道陣に囲まれ、「調整の難しさはあるけど、いいピッチャーを後ろに回して、勝負にいっているわけだから」と話した通り、主力に故障者が続出する最悪のチーム状態の中で、「ストッパー小川」は、唯一にして最大の勝負手だった。それが、守護神としての初登板で余りに深い傷を負ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る