借金20に猛抗議 いよいよ始まる燕ファンの真中監督降ろし

公開日:  更新日:

 衝撃的な敗戦にベンチの真中監督は呆然と立ち尽くすしかなかった。

 7日の広島戦。8―3と大量5点リードで九回を迎えた。チームは5連敗中。マウンドには、新守護神に任命したばかりの小川を送った。石橋を叩いて渡るような采配がしかし、裏目に出た。

 先頭のバティスタに一発を浴びると、1死後に菊池にもソロ本塁打を被弾。2死から松山に適時打を打たれ、最後は一、三塁から代打の新井に逆転3ランをバックスクリーンに突き刺された。

 試合後、三木ヘッドコーチに肩を抱かれ、無言のまま引き揚げた小川はもちろん、指揮官にとってもショックの大きい敗戦だ。報道陣に囲まれ、「調整の難しさはあるけど、いいピッチャーを後ろに回して、勝負にいっているわけだから」と話した通り、主力に故障者が続出する最悪のチーム状態の中で、「ストッパー小川」は、唯一にして最大の勝負手だった。それが、守護神としての初登板で余りに深い傷を負ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る