• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

借金20に猛抗議 いよいよ始まる燕ファンの真中監督降ろし

 衝撃的な敗戦にベンチの真中監督は呆然と立ち尽くすしかなかった。

 7日の広島戦。8―3と大量5点リードで九回を迎えた。チームは5連敗中。マウンドには、新守護神に任命したばかりの小川を送った。石橋を叩いて渡るような采配がしかし、裏目に出た。

 先頭のバティスタに一発を浴びると、1死後に菊池にもソロ本塁打を被弾。2死から松山に適時打を打たれ、最後は一、三塁から代打の新井に逆転3ランをバックスクリーンに突き刺された。

 試合後、三木ヘッドコーチに肩を抱かれ、無言のまま引き揚げた小川はもちろん、指揮官にとってもショックの大きい敗戦だ。報道陣に囲まれ、「調整の難しさはあるけど、いいピッチャーを後ろに回して、勝負にいっているわけだから」と話した通り、主力に故障者が続出する最悪のチーム状態の中で、「ストッパー小川」は、唯一にして最大の勝負手だった。それが、守護神としての初登板で余りに深い傷を負ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る