育成組活躍に発奮か 阪神・大和が4打点爆発で前半戦締め

公開日: 更新日:

「刺激にならない」と言えば嘘だろう。

 阪神は前半最後の試合を逆転勝ちで締めた。その主役は12年目にしてスイッチに転向した大和(29)だ。4―4の同点で迎えた八回、2死二塁の場面で左打席からレフト線に落とす「技あり」のヒットが決勝タイムリーとなった。第1打席では右打席で左翼へ適時二塁打を放ち、第3打席も右打席で右翼へ同点2点適時打。3安打4打点と大活躍だった。

 八回の適時打について金本監督は「ああいうところで打ってくれるのが大和のいいところ」と褒めたが、前日は9年目の上本博紀(31)が、5号ソロ弾を含む4安打3打点と爆発。打率を・298まで上げると、この日も2安打をマークして3割(・301)に乗せた。

 金本監督は若手の「育成」に主眼を置き、マスコミも阪神の若手が活躍すると大きく取り上げる。大和や上本は少々色あせた感は否めないものの、守りでも度々ファンを沸かせる。そんな2人にとって「若手」や「育成」の文字は面白かろうはずがない。きっと後半戦も中堅組は鼻息が荒いはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  4. 4

    れいわ新撰組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る