育成組活躍に発奮か 阪神・大和が4打点爆発で前半戦締め

公開日:  更新日:

「刺激にならない」と言えば嘘だろう。

 阪神は前半最後の試合を逆転勝ちで締めた。その主役は12年目にしてスイッチに転向した大和(29)だ。4―4の同点で迎えた八回、2死二塁の場面で左打席からレフト線に落とす「技あり」のヒットが決勝タイムリーとなった。第1打席では右打席で左翼へ適時二塁打を放ち、第3打席も右打席で右翼へ同点2点適時打。3安打4打点と大活躍だった。

 八回の適時打について金本監督は「ああいうところで打ってくれるのが大和のいいところ」と褒めたが、前日は9年目の上本博紀(31)が、5号ソロ弾を含む4安打3打点と爆発。打率を・298まで上げると、この日も2安打をマークして3割(・301)に乗せた。

 金本監督は若手の「育成」に主眼を置き、マスコミも阪神の若手が活躍すると大きく取り上げる。大和や上本は少々色あせた感は否めないものの、守りでも度々ファンを沸かせる。そんな2人にとって「若手」や「育成」の文字は面白かろうはずがない。きっと後半戦も中堅組は鼻息が荒いはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る