4安打3打点の大活躍 阪神上本のしぶとさ“ヘビ”のごとし

公開日: 更新日:

 阪神の上本(31)は実にしぶとい選手だ。

 11日の中日戦で三回に勝ち越しの本塁打を放つなど4安打3打点で勝利に貢献。「僕だけじゃなくチーム全員がつなぐ気持ちでいった結果」とあくまで謙虚だった。

 打率.298、5本塁打、22打点で二塁レギュラーに定着する上本は開幕前、激しいポジション争いを制した。助っ人のキャンベル、新人の糸原、2年目の板山、北條に遊撃を追われた鳥谷、外野から再コンバートの大和までもが参戦する中、オープン戦で打率.350をマークし、開幕スタメンを勝ち取った。

 08年のドラフト3位で入団して9年。これまで幾多の荒波を乗り越えてきた。和田前監督が就任した12年は二塁定着が期待されるも、オープン戦で左ひじを故障。シーズン終盤に1番に固定されたが、同年オフにメジャー帰りの二塁手・西岡が加入。13年は控えに追いやられた。選手会長に就任した14年、西岡の故障で自己最多の131試合に出場。しかし、レギュラーを掴んだ直後の翌15年8月、守備の際に再び故障。金本監督が就任した16年は西岡、大和との二塁争いに敗れると、6月には腰痛でリタイア。45試合出場にとどまり、オフには自ら志願して背番号を「4」から「00」に変更していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  6. 6

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

もっと見る