• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダルのトレード秒読みか レ軍GMが他球団に売り込み図る

 7戦ぶりの白星をかけて21日(日本時間22日)のレイズ戦に登板したレンジャーズのダルビッシュ。8回5安打3失点。今季最多12三振を奪ったが、7勝目はならなかった。チームは延長10回に勝ち越し勝利した。

 そのダルビッシュだが、放出が秒読みに入ったという話がある。レンジャーズのジョン・ダニエルズGMが他球団にダルビッシュ有(30)の売り込みを図ったというのだ。

 チームは20日現在、45勝50敗の勝率4割7分4厘で、首位アストロズと18ゲーム差のア・リーグ西地区4位と低迷。ポストシーズン進出は厳しい状況のため、球団は今季で6年契約が切れるエース右腕の放出を検討しており、20日付のCBSスポーツ(電子版)によれば「ダニエルズGMが他球団にダルのトレードを打診した」という。

 今季のダルは一昨年の右肘手術から完全復活を果たした。ここまで20試合(計125・1回)に登板し、6勝8敗、防御率3・45。黒星が先行しているのは打線の援護に恵まれないケースが多いためで、クオリティースタート(QS=6回以上自責点3以内)はリーグ3位の14回。出場を辞退したとはいえ、レンジャーズから唯一、球宴に選出された。計算の立つ投手だけに、ポストシーズン進出の可能性があり、先発の頭数が少ないチームにとってはノドから手が出るほど欲しい戦力に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る