マエケン粘りの8勝目 5回1失点でローテ定着に一歩前進

公開日:

 ドジャース・前田健太(29)がローテーション定着に首の皮一枚でつながった。

 19日(日本時間20日)のホワイトソックス戦に登板し五回を5安打1失点、1四球3三振で今季メジャー日本人投手トップとなる8勝目(4敗)を挙げ、チームの11連勝に貢献した。

 この日の前田は初回、2番カブレラに内角を突いた直球を捉えられ一発を浴びたが、その後は、毎回のように走者を出しながらも、要所で踏みとどまり、追加点を許さない。五回には味方の拙守から1死一、二塁のピンチを背負ったが、動じることなく落ち着いたマウンドさばきで切り抜けた。チームは前半戦終盤から快進撃を続け、前日までで10連勝中。前田はナ・リーグ西地区で首位固めに入ったチームの勢いに乗せられるかのように好投を披露した。

 この日の試合前、デーブ・ロバーツ監督は左足を痛めて故障者リスト(DL)入りしていた韓国人左腕の柳賢振(30)が週明けに復帰すると発表。柳が戦列に戻ることで先発は1人余るものの、指揮官は当面、6人でローテーションを回すと明かし、「ケンタ(前田)の次の登板はまだ決めてない。今日の(ホワイトソックス戦の)ピッチングを見て考える」と話した。

 まずは指揮官を納得させた前田の登板は6人のローテーション通りなら、26日のツインズ戦、8月4日のメッツ戦と続く。後半戦の投球内容はポストシーズンの起用法に関わるため、先発定着を狙う前田にとっては踏ん張りどころだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る