サヨナラ負け巨人 “眠れる天敵”筒香を起こしAクラス暗雲

公開日:  更新日:

 巨人がDeNAにサヨナラ負けを食らった。

 同点の九回2死一塁から、6番手の高木勇が筒香嘉智(25)にバックスクリーン左へ叩き込まれた。高橋由伸監督は「八回に4点取った? そうだね。どちらと言える流れじゃなかったので、何とかもう1点取れれば、というのはあったけど」と打たれた高木勇は責めなかった。

 眠れる天敵を起こしてしまった。筒香は言わずと知れた侍ジャパンの4番。開幕以降、巨人はこの主砲に細心の注意を払い、試合前まで対戦打率・225、1本塁打に抑えていた。21日の初戦も5タコ。このまま眠っていて欲しかったはずが、

「4番のロペスに1、2戦で計8安打とめった打ちにされた。2試合を終えたロペスの巨人戦の打率が・357に上昇。この日の試合前、村田善バッテリーコーチが報道陣に囲まれ、ロペス対策を聞かれるなど物々しい雰囲気が漂った。そのロペスは無安打に抑えたが、4番に回したくないあまり、その前の3番・筒香への注意が散漫になってしまった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る