• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サヨナラ負け巨人 “眠れる天敵”筒香を起こしAクラス暗雲

 巨人がDeNAにサヨナラ負けを食らった。

 同点の九回2死一塁から、6番手の高木勇が筒香嘉智(25)にバックスクリーン左へ叩き込まれた。高橋由伸監督は「八回に4点取った? そうだね。どちらと言える流れじゃなかったので、何とかもう1点取れれば、というのはあったけど」と打たれた高木勇は責めなかった。

 眠れる天敵を起こしてしまった。筒香は言わずと知れた侍ジャパンの4番。開幕以降、巨人はこの主砲に細心の注意を払い、試合前まで対戦打率・225、1本塁打に抑えていた。21日の初戦も5タコ。このまま眠っていて欲しかったはずが、

「4番のロペスに1、2戦で計8安打とめった打ちにされた。2試合を終えたロペスの巨人戦の打率が・357に上昇。この日の試合前、村田善バッテリーコーチが報道陣に囲まれ、ロペス対策を聞かれるなど物々しい雰囲気が漂った。そのロペスは無安打に抑えたが、4番に回したくないあまり、その前の3番・筒香への注意が散漫になってしまった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る