• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

J・スピースがドタバタ優勝 終盤猛攻は“グリーンの怪物”

 M・クーチャー(39)との一騎打ちはJ・スピ―ス(23)に軍配が上がったが、メジャー3勝目はドタバタだった。

 前半はショットがブレて3打スコアを落とし、2人は通算8アンダーで並び折り返す。最大のトラブルは13番。第1打を右へ大きく曲げた直後に頭を抱えた。ボールは深いラフに入り、目の前には10メートル以上の高いマウンドがある。グリーンを狙えずアンプレアブルを宣言したものの、後方のドロップ地点には用具メーカーのバスが連なりクラブが振れない。救済を受け、練習場にドロップした。ここまで20分以上も要したが、スピースは冷静だった。ピンまでは約260ヤード。3番アイアンで右のガードバンカー手前でまで運び、アプローチを2メートルに寄せてボギーで収めた。

 このボギーで初日から守ってきた首位の座をクーチャーに明け渡すと“スイッチ”が入った。14番で1・3メートルのバーディーパットを沈めて首位に並び、15番はピンまで257ヤードの第2打を手前8メートルに乗せてイーグルを奪い再び単独首位。16番7メートル、17番も2メートルのパットを決めて14番からの4ホールで5アンダーの猛反撃で逃げ切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る