J・スピースがドタバタ優勝 終盤猛攻は“グリーンの怪物”

公開日:

 M・クーチャー(39)との一騎打ちはJ・スピ―ス(23)に軍配が上がったが、メジャー3勝目はドタバタだった。

 前半はショットがブレて3打スコアを落とし、2人は通算8アンダーで並び折り返す。最大のトラブルは13番。第1打を右へ大きく曲げた直後に頭を抱えた。ボールは深いラフに入り、目の前には10メートル以上の高いマウンドがある。グリーンを狙えずアンプレアブルを宣言したものの、後方のドロップ地点には用具メーカーのバスが連なりクラブが振れない。救済を受け、練習場にドロップした。ここまで20分以上も要したが、スピースは冷静だった。ピンまでは約260ヤード。3番アイアンで右のガードバンカー手前でまで運び、アプローチを2メートルに寄せてボギーで収めた。

 このボギーで初日から守ってきた首位の座をクーチャーに明け渡すと“スイッチ”が入った。14番で1・3メートルのバーディーパットを沈めて首位に並び、15番はピンまで257ヤードの第2打を手前8メートルに乗せてイーグルを奪い再び単独首位。16番7メートル、17番も2メートルのパットを決めて14番からの4ホールで5アンダーの猛反撃で逃げ切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る