J・スピースがドタバタ優勝 終盤猛攻は“グリーンの怪物”

公開日: 更新日:

 M・クーチャー(39)との一騎打ちはJ・スピ―ス(23)に軍配が上がったが、メジャー3勝目はドタバタだった。

 前半はショットがブレて3打スコアを落とし、2人は通算8アンダーで並び折り返す。最大のトラブルは13番。第1打を右へ大きく曲げた直後に頭を抱えた。ボールは深いラフに入り、目の前には10メートル以上の高いマウンドがある。グリーンを狙えずアンプレアブルを宣言したものの、後方のドロップ地点には用具メーカーのバスが連なりクラブが振れない。救済を受け、練習場にドロップした。ここまで20分以上も要したが、スピースは冷静だった。ピンまでは約260ヤード。3番アイアンで右のガードバンカー手前でまで運び、アプローチを2メートルに寄せてボギーで収めた。

 このボギーで初日から守ってきた首位の座をクーチャーに明け渡すと“スイッチ”が入った。14番で1・3メートルのバーディーパットを沈めて首位に並び、15番はピンまで257ヤードの第2打を手前8メートルに乗せてイーグルを奪い再び単独首位。16番7メートル、17番も2メートルのパットを決めて14番からの4ホールで5アンダーの猛反撃で逃げ切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    高嶋ちさ子“毒舌”を否定「これでも歯に衣着せてるんです」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る