• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

侍Jに早くも暗雲…ハムOBが明かす稲葉新監督「2つの顔」

「(20年東京五輪は)もちろん金メダルです。そこしか目指しません」

 31日、都内のホテルで侍ジャパンの稲葉篤紀新監督(44=日本ハムSCO)が就任会見。プロ球団での監督経験がない上に、本命、対抗といわれた代表監督候補が次々と消え、火中の栗を拾う格好になった新指揮官は、「経験がなく非常に不安があった」としながらも、「金メダル」を7回も連呼する表情は「爽やか」のひと言だ。

 その稲葉監督は現役時代から丁寧で礼儀正しく、顔見知りの記者や関係者を見つければ自ら笑顔で声をかける。特にメディアの受けは抜群で「欠点といえば人がよすぎるところ」と言われることもある。

 今年3月のWBCが終わった後、日刊ゲンダイの記者にはこんな言葉を漏らしていた。

「(17年WBCの)小久保監督はすごく責任感の強い指揮官だった。いろいろ批判されて大変な中でね。プロ野球の監督だって日本で12人しかできない。もう少し褒められてもいいと思う。『勝てば選手のおかげ、負ければ監督の責任』。監督とはそういう立場だというのは分かっているけど、僕は嫌われるのがイヤだから監督は無理かな(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事