侍Jに早くも暗雲…ハムOBが明かす稲葉新監督「2つの顔」

公開日:

「(20年東京五輪は)もちろん金メダルです。そこしか目指しません」

 31日、都内のホテルで侍ジャパンの稲葉篤紀新監督(44=日本ハムSCO)が就任会見。プロ球団での監督経験がない上に、本命、対抗といわれた代表監督候補が次々と消え、火中の栗を拾う格好になった新指揮官は、「経験がなく非常に不安があった」としながらも、「金メダル」を7回も連呼する表情は「爽やか」のひと言だ。

 その稲葉監督は現役時代から丁寧で礼儀正しく、顔見知りの記者や関係者を見つければ自ら笑顔で声をかける。特にメディアの受けは抜群で「欠点といえば人がよすぎるところ」と言われることもある。

 今年3月のWBCが終わった後、日刊ゲンダイの記者にはこんな言葉を漏らしていた。

「(17年WBCの)小久保監督はすごく責任感の強い指揮官だった。いろいろ批判されて大変な中でね。プロ野球の監督だって日本で12人しかできない。もう少し褒められてもいいと思う。『勝てば選手のおかげ、負ければ監督の責任』。監督とはそういう立場だというのは分かっているけど、僕は嫌われるのがイヤだから監督は無理かな(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る